◆塙保己一エピソードその9.保己一の人柄◆


上へ  
『群書類従』(六六六冊)は日本で最初の本格的な出版事業であった。広告募集をかけ、限定予約出版で購入者に負担がかからないよう、月四冊の配本としたのは画期的であった。