新着情報

◆江戸時代の版木を摺ってみよう

200年前に作られた『御江戸図説集覧』版木(渋谷区登録有形文化財)を墨、バレン、刷毛、和紙をしようして摺ってみようという企画です。摺ったものは記念にお持ち帰りください。初めて摺る方、お子様も歓迎です。 。

◆文化伝統芸能三題

今年も、落語・講談・説経節の伝統芸能を公演いたします。笑いと涙の話芸を、ぜひ堪能してください。

◆『群書類従』特別頒布のお知らせ

〜平成三十年 第一次摺り立て〜

『群書類従』は文政二年(一八一九)に、全巻が完結しました。
そこで温故学会は版行二百年記念として所蔵の文化財版木によって『徒然草』及び『伊勢物語』『竹取翁物語』『土佐日記』を限定部数により特別頒布いたします。
製本にあたっては、江戸時代からの技法を継承し、一枚一枚手摺りで仕上げ、料紙、角布、綴じ糸もすべて特注品を用い、和本として最高級品として仕上げています。

竹取物語

徒然草

特別頒布について詳しくはこちら

申込先 〒150-0011 東京都渋谷区東2-9-1
電話・FAX03-3400-3226

■塙保己一記念館がオープン

塙保己一の地元である本庄市児玉町に記念館が開館しました。『群書類従』版本や手縫いの巾着、お宝箱、和学講談所の模型などが展示されています。

また、映像でも保己一の生涯を知ることができます。

ホームへ