公益社団法人温故学会の事業

本会は、塙保己一の偉業顕彰の目的から、明治43年に子爵渋沢栄一、宮中顧問官井上通泰、文学博士芳賀矢一、保己一曾孫塙忠雄の四氏により設立され、以来百年の歴史を刻んでいる。温故学会会館

 保己一の精神である温故知新(論語・ふるきをたずねてあたらしきをしる)の趣旨に基づき活動するとともに、重要文化財指定の『群書類従』版木の保管、盲人福祉事業、各種啓発事業に努力している。

事業内容

1、『群書類従』版木の保管と摺立て頒布

 塙保己一が編纂した『群書類従』の版木(17,244枚)を保管し、一般にも公開している。なお、江戸時代より今日まで需要者には希望に応じ頒布を続けている。昭和32年、重要文化財に指定。版木はほかにも、『万葉集』『徒然草』(東京都指定有形文化財)『御江戸図説集覧』(渋谷区指定有形文化財)などがあり、約2万枚の版木を保管している。

2、塙保己一生誕・忌年大会の開催

 毎年、5月5日(こどもの日)に生誕記念大会を、11月に忌年大会を開催し、会員相互の懇親を図るとともに、一般の方々にも参加を呼びかけ顕彰に努めている。

3、塙保己一に関する図書の刊行

 現在までに「塙保己一記念論文集」「塙保己一研究」「塙保己一論纂」「和学講談所御用留の研究」などを刊行してきた。また、温故学会機関紙「温故叢誌」を毎年11月に発行している。

4、参観者の受け入れ

 版木倉庫内を一般の方にも見学できるよう開館している。また、個人・団体ともに希望に応じて講堂にて講話やビデオ上映を行っている。(要予約)

5、塙保己一に関する諸行事への参画

 関係機関からの企画展には、保己一関係の資料や遺品の貸出し、講演依頼の要請に対しても協力していく。